キャンドル屋さんが望む!もしもに備えて大きくてかわいいキャンドルを部屋に1個!

キャンドルについて

キャンドル屋さんが望む!もしもに備えて大きくてかわいいキャンドルを部屋に1個!

今の時代、本当に嫌だけど災害が多い…
地震のニュース速報も本当に多い…
いつどこで何があってもおかしくないので、備えって本当に大事だなと思います

私は阪神淡路大震災で実家が半壊になりました。
早朝に大きな揺れがあり
電気も水もガスも止まりました。
復旧までにすごく時間がかかり水においては約2週間ほどとまっていたと思います。

震災はもちろん昨年の台風などの異常気象等々
台風のように予告されてても防げないこともとても多い

何もないにこした事はない!
平和である事が一番!
でもいつ何があるかわからない
あの時こうしていればと思わなくていいように
準備って必要だなと自分自身思っています
特にマスクにも言えることだけど、腐らないものや使用期限の長いものこそ備蓄って大事だなと改めて思いました

大きなキャンドルをお部屋に1個

停電になると
・懐中電灯で明かりをとる
・お仏壇のロウソクで明かりをとる
の2パターンがほとんどかな?と思います

この2つのメリットデメリットはこんな感じかな

懐中電灯で明かりをとる

〇簡単に明かりがとれる
△何個も常備してるわけではない
△電気のように部屋中を照らせるわけではない

お仏壇のロウソクで明かりをとる

お仏壇があるご家庭なら白の細長いロウソクがあると思います。
〇簡単に明かりをとれる
△ロウソク立てが必要
△燃焼時間は短めで灯し続けるとロウがだらだらと解け流れるので、不安定な環境では注意が必要

どちらにも言えるのは、そんなに数は持っていない
お仏壇ロウソクにおいてはロウソク立てが数ない
等々
すぐに対処できる可能性のあるものはあるけど
すぐ復旧してくれるには耐えれるかなと思います

大きなキャンドルで明かりをとる

〇燃焼時間が長い
〇直径のあるものだと安定する
〇部屋中を照らせるとまではいかないが結構まわりもじわーっと明るい

大きいと大きい分、、キャンドルの燃焼時間は比例して長くなるので
1個大きいのがあるともしもの時に役に立つと思います!
緊急の場合は、耐熱効果のあるお皿などの上で灯すといいと思います

できればキャンドルは2個欲しい

それは灯しっぱなしはおすすめできないので
2・3時間に一度は消してほしいからです

だから小さくてもいいので。何個か予備があれば消している間も明かりがとれるのでいいと思います!

かわいいキャンドルがおすすめ

灯せたら別に無色でもいいのですよ
でも私がかわいいのがいいなと思う理由は2つあって

・普段もインテリアとしても楽しめる!
・停電の時、暗くて不安な時だからこそ、ほんの少しでも癒される可能性があればと自分自身が思うから

といった理由です

かわいくても意味ないかもしれへんやん!

とお思いの方もいらっしゃるとは思います

実際そんな余裕は全くないかもしれない。
けどそんな状況になってみないとわからない。
わかりたくない!そんな経験したくない!
だってないに越した事ないから!
だからこそ備えあれば憂いなしかなと思います

かわいいが邪魔になることはないのでね
好きな色選んでも誰にも迷惑かけることもないのでね

だから同じなら、かわいいに、自分が好きなキャンドルにこだわるのもいいのかなって思うんですよね

大きなキャンドルをまず灯そう!

キャンドルを購入したり、プレゼントでもらっても
もったいなくて灯せない!という方も多いかと思います

私も年末に断捨離した時に、たくさん練習や失敗のキャンドルがでてきて
もしも用にお客様や知人、母のお友達に配布していたのですが
『もしもに備えてどうぞ!でも、お願いだからまず1度灯してみてね』といっても
『もったいないやん!』と失敗作ですら言われました

なぜ灯してほしいかというと
・ちゃんと灯せるかチェック
・少し灯すと溶けてくぼみができて空調の影響を受けにくくなるから
是非もったいないといわずにまず灯してみてほしいなと思います!

まとめ

大きくてかわいいキャンドルは、安定して灯せるし、燃焼時間も長い!
かわいいだけで損はしないので大きくてかわいいキャンドルをゲットしてね
まず購入したら灯して育ててみてね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました